2018年1月19日金曜日

Miles Davis at Carnegie Hall The Complete Concert

コンプリート・カーネギー・ホール

マイルスのカーネギーの、コンプリート。2枚に分かれていたものを曲順をただしくしてセットにしている。

テナーがモブレーの時代であり、好きでないという人もいるかもしれないけど、おいらはこの録音がかなり好き。なんかいいんだよね。ケリーも後年のハービーに似たようなことをしているし。いや、ハービーがケリーっぽいことをしているだけなのかな?

録音上のトラブルだったか、そもそも録音しない予定でたまたま録れていた音源だか忘れたけど、とにかくマイルスにとっては不本意な音質だったらしい。すべてモノラルだし。でも演奏はいい。

で、ここからが疑問なんだけど、まずギルのオケについて。このライブにギルのオケ必要かあ?冒頭の「So What」イントロだけはかっこいいけど、あとはいらないでしょ~
それと「Oleo」の冒頭。あれは音源が切れているのかマイルスのアレンジなのか。後者ではないとは思うんだけど、なんかかっこいいんだよな。
ちなみに「Oleo」は曲順の問題がある。当初のレコードでは次の曲の「Someday my prince will come」とうまくつながっていたけど、コンプリートでは曲順が逆。ま、これはテオ・マセロの上手な編集なんだろうけどね。
 そして最大の疑問は、「アランフェスは何度聴いてもつまらないのに、どうしてマイルスもMJQもこの曲を取りあげたのだろうか。どうしてギルとマイルスのアランフェスは大絶賛されたのだろうか」ということ。おいらはスタジオ盤を聴いたときに愕然としたんだけど、やはりライブでも延々と盛り上がらない演奏が続く。これを聴いて喜ぶジャズファンはいるのだろうか。



↓よろしければ投票してください!

音楽(ジャズ) ブログランキング

2018年1月18日木曜日

統制

結論から言うとそうではないんだけど、以前思ったことがある。

クラシックをしっかりやってきた人は、技術的には当然非の打ち所がない。
おいらのつたない経験で、「自分がリーダーのときはかなり統制したがる」という印象を持った時期がある。言葉を変えれば「責任感を重く受け止める」ということだろうか、破たんしないように、自分がちゃんとしなければ、という思いが強いように感じられた。

例えば、サイドマンのときは違うんだけど、自分がリーダーのライブでは、事前に「ソロの順番はピアノ3コーラス、サックス3コーラス、ギター1コーラスで」と徹底的に決める人がいた。おかしな先生にならったボーカルの生徒さんみたいだw また、ギターとピアノがいて、ソフトなボサノヴァなんだからギターのイントロで始めればいいのに、あの典型的なボサノヴァイントロをピアノで始めてギターに乗っかってもらうとか、普通は逆だし、任せてくれればいいのにな~なんて思ったことがある。
ほかにも、ジャズマンの悪いクセ「エンディングはテキトーに引っ張って、合図で終わろう」というのを却下して、「8回繰り返して終わります!」と決めた人とか。

こういうことがあったから、冒頭の印象ができたんだけど、よく考えたらクラシックをしっかりやってきているけど特に統制しないミュージシャンもたくさん見ているわけで、インパクトが強い人だけ記憶に残っているだけだと気づきました。


↓よろしければ投票してください!

音楽(ジャズ) ブログランキング

2018年1月12日金曜日

ジャズマンガ「Blue Giant Supreme」第33話


みなさん、ラファエルの行動には疑問を感じたでしょう。ゼロサムじゃないでしょ、いろんなところで演奏すればいい。プロもみんなそうしてるよ~声をかけたやつもアホだけどね。「もうおまえはどこにも出られない」って、そうかあ?お前だってバンド組んでいるんだろ、どこにも出られないか?
それにしてもブルーノはすでに名前だけは有名で、まあもしかしたらこれはバンドを覚えてもらうにはいいことなのかもしれない。

ちなみにおいらは新しい曲をやるときは、あえて参考音源を用意せずにメンバーが感じたままできあがったものを重視したいと思っている。それが成功するときも失敗するときもあるけど、二言目には「参考音源教えて」「youtubeにある?」というのはやめてほしいw


今回の話のラストは、80年代のわたせせいぞうの伝説的マンガ「ハートカクテル」風だったね。






↓よろしければ投票してください!

音楽(ジャズ) ブログランキング